2015年11月08日

GTテクエスタ ブレーキ補強


高校生時分、自転車に乗り始めた時はカンチブレーキでしたがVブレーキとなり、現在はディスクブレーキ全盛となっています。

古い自転車に乗ろうとすると部品選びにも苦労することになります。

このテクエスタもカンチブレーキ標準装備でした。

シートチューブにブレーキワイヤーのガイドがさりげなく付いています。

この自転車にVブレーキを装着しブレーキをかけるとシートステーが物凄くたわみます。ステーに補強もあるのですが。

GT特有の形でシートステーが長いということもあるのでしょう。

こんな時、オデッセイのU−プレートの出番ですね。

B9754485-B3C0-423B-8114-4957B12C4512.jpg
空気を抜かないと着脱できませんね!

カンチブレーキスティフナーでしたっけ?

ブレーキ補強板です。

チタン製のU4−プラスもあったのですが道具箱の中に見つけることはできませんでした。

どこに行ったのかな?


90CAB24D-CDA9-435D-AE5A-AA1272FAFB4B.jpg
作業後は芋で




posted by TBCコジマ at 21:09| 新潟 ☔| Comment(0) | 部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

GTテクエスタ ディレーラー


テクエスタのシートチューブはタンゲMTBクロモリチューブの28.6mmです。

元々はSTXのフロントディレーラーが付いていました。

サビサビです。そして、手持ちの28.6mmはこのディレーラーのみです。

手持ちのXTディレーラーを合わせてみると

E3F511D9-7DAF-4CA3-9B4F-23063DC70368.jpg
リアとお揃いなのでこちらを使いたい。

カパカパです。28.6→31.8のシムは持ち合わせていません。

このXTディレーラーを使うためにわざわざシムを購入するのか?

今までのSTXディレーラーをキレイにして使用するのか?

どうする?


シムを作る!

しかし、作業小屋にあるのは0.5mmの工作用アルミ板です。

1.5mm厚のものがあればよかったんですが。でも、購入するまでもないでしょう。

3枚重ねて巻いて直径約3mmアップということになりますか!

0B835E21-C8E8-4701-9315-5C3AB585B5B7.jpg
こんな感じで。

アホなもので3枚とも同じ長さに切ってしまいました。
1枚目より2枚目、3枚目の方が直径が大きくなり必要な長さも長くなるんですね。

もう一度切り直そうかと思いましたがこのまま様子を見ることにします。

C334E7DE-722F-4BCB-B51B-DE92D85F88BC.jpg
よく見なければ分からない。

どうなるでしょうか?









posted by TBCコジマ at 17:53| 新潟 ☁| Comment(0) | 部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GT テクエスタ クランク


XT   M−737    42−32−22   です。

CF6C4869-49A9-47E6-B2FA-5098C79130C5.jpg
20年以上前のものです。

拭き拭き掃除はしたことあります。

でも、分解掃除は初めてかと思います。

ファイブピン付近のグリスは琥珀色に変化しています。

なんとも言えません。

気を取り直して頑固な汚れを拭き取ります。

これじゃ〜、チェーンを綺麗にしてもすぐ汚くなるわけです。

センターギアを拭き拭きしていると

4602B240-2EF3-4A6F-871E-E92D8A9FC88F.jpg
か、欠けている!

内側半分が欠けているではありませんか!

さすがシマノ!これで走っていたということですね。

そんなにハードに走ることは無かったですけど。草クロカンレースは少し走っていました。

思い当たる節はありませんがあるとすればアドベンチャークラブ時代の自転車登山でしょうか?

これで富士登山にもチャレンジしました。

砂走りはVブレーキでも効きが悪く、ディスクブレーキ車の購入を決意した思い出がよみがえります。

E35936AE-15A1-4B56-9192-4AD0FC045675.jpg
こんな感じで。やっぱり良いですね。


posted by TBCコジマ at 06:26| 新潟 ☀| Comment(0) | 部品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする