2015年11月03日

ブレーキとホイールなど


ひと昔前、マウンテンバイクといえば26インチでロードといえば700c。

タイヤの太さはそれぞれありますが。

子供が16インチから24を経由するかしないかで26マウンテンバイクかロードバイクへと。大多数はママチャリか!

クロスバイクなどもありますね。

最近のマウンテンバイクは27.5or29インチ。

ブレーキもディスクブレーキ。こちらも160mm、180mmとか。

でも、田舎のマウンテンバイクもどきは以前として26インチオンリーの現状です。

プロショップ?では発注すれば有るよ!的な。

種類が多くなり在庫を置けないという意味合いもあると思います。

そんな時、ふらっと行って無いのは困ります。

時間とガソリン代。ポチッとした時の送料。

少数派として勘案事項は多くありますが古い道具を楽しむためにも消耗品は手元に置いておく必要性を感じました。

そして、ポチッとする時にもアレコレと追加し、お店の場合は必要なものが何なのかを伝えた上で行くことが無駄なく行動するポイントなのかなと田舎暮らしを考えます。

サイクルベースA的な。


Vブレーキ交換用ブレーキシューもあまり置いてありませんでした。

AEB44551-8A77-4821-8937-4CEAA1C180B9.jpg
組み上がるのに時間がかかります。

手持ちのパーツを使い、懐かしさとお金をかけないということでしたがワイヤー類やブレーキシューなど多数必要です。

そして2.3用のチューブは誤算でした。

アメリカ人は新しもの好きですが古いものを大切にいじくりまわすことも楽しみます。

それには道具と部品が必要です。

一回の発注に全てを出していない自分が悪いのですが。。。



結論的には

27.5のディスクブレーキバイクが今後ほしいです。

でも、今は子育てです。











posted by TBCコジマ at 22:23| 新潟 ☀| Comment(0) | 考察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]