2016年08月29日

ツールド妻有ボランティア


奥信越圏最大のサイクルイベントのツールド妻有です。

今回もボランティア参加。簡単なボランティア参加です。

1000人も参加者がいると色々な人がいらっしゃるようです。

E1607103-7953-4BEB-BDA2-F0977D5E1485.jpg
本部テント内から

スタート前から転倒し、ホイールを変形されるお客様。

緊張からお腹の具合が悪いと思うので正露丸が欲しいというお客様。

今付いているサドルの具合が悪く、この買ってきたサドルを取り付けて欲しいというお客様。

アイウェアを無くしたのだがメーカーや特徴などは分からないというお客様。

などなどなど。。。

それぞれにサイクリングを楽しんでいただきたいと思います。

D0BC72CD-A3C6-4B3D-88AB-A4470E8344BD.jpg
晴れましたね!

スタートして間もなく、一回目の呼び出しです。

ディレーラーの動きが悪いとのこと。簡単に治ればいいのですが不安を抱きながら現場に向かいます。

聞けば、ショップで整備済みなのだけれどもローからハイに綺麗に動かない。

「綺麗に」

特に綺麗に入らなくても走れると思うのですが。

ディレーラーの位置も悪くなさそう。クランクを回してみると少し調子が悪いかなと思う程度。

整備済みなのでむやみにいじりません。

気持ちよく走りたいとのお言葉に少しだけワイヤーを張ってみる。

なんとかなりそう。

走ってみるとやっぱりダメ。

アジャスターを少しだけいじってみる。

しかし、走ってみるとやっぱりダメ。

残念ですが、このままでいいやということで走っていかれました。

力不足ですみません。

ここは2ヶ所目のエイドステーション。鉢集落です。

集落民が心のおもてなしでサイクリストを迎えます。

8632DD5C-6353-471F-8FCF-E60DD3CFBB6A.jpg
この量、半端ないですね。

F2E23E51-8FA9-412C-963E-5B4B5A311F2A.jpg
スイカも豊富に

テント内に所狭しと並べられた地元お母さんの手料理。漬物。野菜!

これなんですよね。ツールド妻有の最大の魅力。

地域密着型で溶け込んでいる感じがあるのだそう。

沿道での声援も他にはないということです。

その辺りがただ走っている他のイベントとは違うのだとか。

参考になります。

二回目の出動はスプロケを外して巻き込んだチェーンを外します。

こちらも時間を要してしまいました。すみませんでした。

その後も、転倒者の病院搬送や手荷物の受け渡し、スタートゴールゲートの黄色垂れ幕外し、会場のゲート、パイロン片付けなど色々な作業を行い業務終了です。

来年も楽しみましょう!

C0EDC62A-3988-4EED-AC39-59D34ABE6904.jpg
TBCメンバー

お疲れさん!来年はTBCジャージで走ろう!



posted by TBCコジマ at 07:46| 新潟 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする